他者への寛容度が低い国、日本(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

28958969_1887147058200635_3534409900199247872_o
カテゴリー: 未分類

 

 

他者への寛容度が低い国、日本

―――――――――――――――

 

 

世界幸福度報告とは、

国連が発行する幸福度調査のレポートです。

 

7回目となる2019年は

世界の156カ国を対象に調査され、

 

日本は2018年の54位から

4つ順位を下げ58位_| ̄|○

 

トップ3は、盤石ですね。

 

社会保障と教育がしっかりしている

北欧諸国が名を連ねます。

 

フィンランド

デンマーク

ノルウェー

 

ちなみにアメリカは

19位でした。

 

日本が「部門別で2位」を獲得したのは、

健康で過ごすことができる指標で、

万一のときの治療が充実していること。

 

健康生活部門では、

シンガポールが1位です。

 

―――――――――――――――――――

 

そして、

僕が一番がっかりしたのが、

 

「他者に対する寛容度の低さ」

 

92位です凹

 

経営者は倒産すれば

ダメ人間のレッテルを貼られて、

再チャレンジの道は狭い。

 

ネットでは炎上が日常茶飯事で、

よってたかって他者を責める国民性。

 

ちょっと何かあれば、

パワハラだ、セクハラだと騒ぎ、

 

個人情報保護法を拡大解釈して、

伝家の宝刀のように振り上げる人たち。

 

世間の風は冷たく、

出る杭は打たれる国、日本。

 

本当に悲しくなります。

 

 

12068489_8484360652600_o

 

罪を憎んで人を憎まず、

というバランスを持ちたいし、

 

挑戦した人を讃える文化

であって欲しい。

 

僕自身は、

たとえうまくいかなかったとしても、

挑戦した人を尊敬しますし、

 

多少の失敗など、

長い大河ドラマの1シーンに過ぎないと

心から信じています。

 

―――――――――――――――――――

 

世界第3位のGDPを誇るも、

国民ひとりあたりの生産性は24位です。

 

働き方改革も、

ワークライフバランスも大切ですが、

 

生産性の前提についての

議論が少ないと想います。

 

 

「681」

 

ある地銀の支店長が話していた数字です。

 

「6時~8時まで飲んだら、

 1次会で帰宅せよ」

 

という行内通達で、

2次会まで飲みに行くと、

 

パワハラ、セクハラ発生の確率が

格段に上がるからだとのことでした。

 

経済人としては、

とっても寂しいですねぇ。

 

 

僕ら事業家なり起業家は、

こうした様々な社会の課題を解決すべく、

 

ビジネスというツール、手段を使って、

果敢にチャレンジしていきましょう♪

 

幸せな日本を

創っていきましょう!

 

 

rc_photo08_v2

 

―――――――――――――――――――

 

 

興味があれば、

先日、僕がそのあたりを語った

動画があるのでご覧ください(^^)

 

以下、約30分ありますが、

 

 

飽きないで視聴いただけるよう

頑張りましたよと♪

 

 

 

 

松尾公輝