「親しみのあるお店」何より一番大切なことはコレです(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

https___www-pakutaso-com_assets_c_2015_06_cafeonnnanoko15212650-thumb-1000xauto-16094
カテゴリー: おもてなしマーケティング

今日、嬉しいことがありました(^-^)

 

ある懇意のお店に行ったら、
僕とはほとんど話をしたことのないスタッフから、

 

「松尾さんのお住まいはどこですか?」

 

って聞かれて、嬉しかったのです。

 

僕に近寄ってきてくれた。
名前で呼んでくれた。

特に言葉をかける必要もないのに・・・。

(・・・あ、男性スタッフですよ(笑))

 

3往復くらい言葉のキャッチボールをして、
僕らの関係は近づきました☆彡

 

また、話したいし、
そのための「気軽さ」は今日出来上がったのです。

 

こういう小さな積み重ねが、彼の元に、
新しい仕事を運んで来てくれるのです。

 

僕は早速、他の親しいスタッフに、
「彼は素晴らしい!」という話をしました。

 

ぜひ、引き上げて差し上げたいし、
近いうちにここの社長に対して、

 

彼の人柄と笑顔、そして気遣いについて
激賞の報告をしたいです。

 

人は、気にかけてもらうと嬉しいのです。

 

お客様を孤独にしないこと。
(ベタベタサービスはダメですが)

 

それだけで、それを徹底するだけで、
商売はうまくいくことになっています。

 

「お客様と積極的に関わること」

 

大切です。

 

そのベースは・・・、

 

「同僚でも、お客様でも、取引先様でも、
 困っている人がいたら、何とかして差し
 あげようと気づき、行動できるかどうか」

 

かつて・・・、

 

目も合わせないで
挨拶をする受付嬢に会いました。

 

愛想のない態度で
接客する店員さんに会いました。

 

こういうところにはもう行きません。

 

「親しみのあるお店」

 

であるだけで、最高の価値なのです。

 

いい会社とは、
いい社員がいる会社です。

 

いいお店とは、
親しみのあるスタッフがいる店です。

 

dsc_27282

 

今日の素晴らしい店員さんは、

上記写真のお店、中古車販売宮城ナンバーワン!

ストリートライフさんでした。

http://www.streetlife.jp/

 

 

まつお(^-^)