売上向上事例インタビュー動画プレゼント

ブログBlog

もったいない!これらの基本的ノウハウを無視してアメブロをするなんて。(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

カテゴリー: Webマーケティング

 

 

アメブロの巨匠「田渕隆茂」さんという方がいて、

僕も東京で1回、仙台で1回お会いしましたが、凄い人です。

 

アメブロというより、

ネット界の大御所ですし、

ビジネス心理に長けた方なので、

僕もとっても参考にさせていただいています。

 

僕の会員さんでも、

周囲の方々でも、

やはりブロブはアメブロを活用されている方が多いので、

今回は、田渕さんはじめ多くのマーケッターが唱える、

 

「アメブロの基本」

 

を、まとめてみましたので参考にしてくださいねー(^-^)

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――

1:ブログのタイトル

――――――――――――――――――――――――――――

 

地名と業種と読者や

お客様のメリットが入っているのがグッド。

 

管理画面でタイトルの再チェックをしてみましょう。

地名も、県よりも「最寄駅名」「県より市町村名」を入れます。

 

人は、悩みの解決のためにWeb検索します。

そのとき、悩みの種類と地名で検索するのです。

 

文字の頭から検索結果に現れますので、

職種、地名、名前、屋号の順番が望ましいです。

 

――――――――――――――――――――――――――――

2:ニックネーム

――――――――――――――――――――――――――――

 

地名+業種+お名前フルネーム+ニックネームにしましょう。

 

芸名やペンネームは使っていいですが、

商売ですからフルネームも使ってください。

 

――――――――――――――――――――――――――――

3:必ず読んで欲しい記事を書く

――――――――――――――――――――――――――――

 

お客様目線で見直して見ましょう。

 

・メニュー記事(販売商品やサービスの内容)

・講話やセミナー記事(伝える内容)

・アクセス記事あるいはお問い合わせ先の詳細記事

・お客様の声記事(最低でも5記事)

・メルマガをするならメルマガ紹介記事

 

値札のない商品は買われないのでメニューが必要であり、

サービスや商品の詳細な説明や画像があることで、

ようやく問い合わせや発注を得ることができます。

 

また「お客様の声」も重要です。

 

あなたとつきあうことで

「誰が、どんな結果を出した?」

という証拠を見せることで受注が増えます。

 

お客様や読者は、その人が何ができるかより、

その人と関わった人が「どうなったか?」にだけ

興味・関心があります。

 

――――――――――――――――――――――――――――

4:必ず読んで欲しい記事へのリンク

――――――――――――――――――――――――――――

 

・必ず読んで欲しい記事に関して、

ブログのどのページからもクリックできるように、

それぞれの記事へのリンクを張りたいです。

 

ちなみに、アメブロなら、

2つあるフリースペースを使って、

サイドバー左上と、プロフィールページで

紹介することになります。

 

・すべての記事のラストに、

必ず読んで欲しい記事の全部に対するリンクを貼ります。

 

読者は、検索によって、

どの記事から閲覧するかわかりませんので、

すべての記事に、読んで欲しい記事への動線を貼るのです。

 

ちなみに、デザインスキンですが

「2分割」より「3分割」がいいです。

 

(参考)

どすこい順子ちゃん

http://ameblo.jp/chiccle2000/

ブライダルブーケの両國さん

http://ameblo.jp/at-mintgreen/

僕の知人で一番すごいのは彼女です。

http://ameblo.jp/fujin2525/

(彼女は、田渕さんのお弟子さんです)

 

――――――――――――――――――――――――――――

5:日々、こんな記事を量産してください

――――――――――――――――――――――――――――

 

買うとどうなるか?

受けるとどうなるか?

申し込むとどうなるか?

続けるとどうなるか?

 

買った人の感想

受けた人の感想

申し込んだ人の感想

続けた人の感想

 

上記の組み合わせを意識した記事を量産してください。

 

客層別・商品別・サービス別・症状別・値段別です。

 

――――――――――――――――――――――――――――

6:記事を書くときの注意

――――――――――――――――――――――――――――

 

・タイトルは重要です。

キーワードを必ず入れるようにしてください。

 

・キーワードとは、

商品やサービスに興味を抱くような方々が好きな言葉。

 

例えば、健康サロンなら、

膝の痛み、足のむくみ、冷え性、

美容や健康や介護や育児や病気に関する言葉です。

 

強いニーズがあるキーワードを日々探って行きましょう。

 

・キーワードは、タイトルだけでなく、

記事本文でも意識して2~3個入れ込んでください。

 

――――――――――――――――――――――――――――

7:ターゲット地域の方々に読者登録します。

――――――――――――――――――――――――――――

 

アメブロの読者を最低でも500人にするため、

毎日最低10人~仕様上1日最大50人に「読者登録」を

「メッセージ」と共に行います。

(売り込みしなくてOKです)

 

※「アメブロ検索」で「地名 商品やサービス」など

思いつく限りのキーワードで検索すれば、

多数の候補者がヒットします。

 

http://search.ameba.jp/search.html

 

「ブログから探す」「プロフィールから探す」があります。

キーワードを記事に書いている人と、

キーワードをプロフィールに書いている人を検索できます。

 

※仮に30%が「登録返し」をしてくださると想定すれば、

1日50人に読者登録申請することで、

15人が読者になります(ちょっと甘いけど)。

10日で150人だから1ヶ月弱あれば500人到達します。

 

―――――――――――――――――――――――――――

8、ほか

―――――――――――――――――――――――――――

 

写真ノウハウ、文章ノウハウ、リンクノウハウ、

アクセスアップノウハウ、SEOノウハウなど、

 

アメブロに限らず、いろんな手法や発想があります。

 

どんな写真が訴求力あるかとか、

どんな構図がいいのかとか、

ビフォーアフターの写真のコツとか、

 

写真ひとつとっても奥が深いものです。

 

だから楽しい(^-^)

 

1週間で1つのノウハウを勉強すれば、

年間52個のノウハウが身に付きますよね。

 

素敵なお客様と沢山出会って行きましょうねー。

 

・・・ってことで、

 

ブログの更新は、基本「毎日」ですが、

無理なら1週間に3回は実施してくださいねー。

 

 

最後に・・・、

 

ネットもいいねど「リアルも大切」ですよね。

 

例えばサロンなどは、

キャンペーンなど企画したなら、

過去のお客様で来て欲しい方に

心を込めてお手紙を投函する。

 

お手持ちの名刺から来店可能性のありそうな方

を抜粋して優待券付きハガキを郵送する。

 

などという活動も、

日々のお礼状作戦と並行して継続実施ですね。

 

 

ところで、

 

僕が主宰する両想いコンセプトビジネス倶楽部

=RCBCでは、

会員専用動画の配信が

2017年1月早々に実施されます。

 

今回の公開段階でも、すでに60本以上の

ノウハウ動画が「見放題」です。

 

そして毎月、

5本以上のノウハウ動画をアップ継続します。

来春にはすぐに100本以上になるでしょう。

 

いつでも何度でも見れますし、

その動画に対しての質問なども受け付けて行きます。

 

システム内への入り方については。

また別途、会員用メルマガで案内しますが、

 

まずは1ヶ月無料の「会員登録」が必要です。

 

こちらから詳細をご覧ください。

https://www.kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-343

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

松尾公輝

 

 

TOPへ戻る