地方で100億円企業を1代で築いた「僕のボス」からの教え。データより、経験(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

shi72_karihuragorira_tp_v
カテゴリー: 経営マインド

 

 

データより、経験だなぁとつくづく思います。

 

データは参考にはなりますが、

成功を担保してくれるものではありません。

 

知っていると、やっているの間には、

到底埋められない溝がありますよね。

 

とある車屋さんで、

近隣のドアコールを200世帯してみたところ、

2軒のお宅様が今月中古車を購入していました。

 

これを元にした仮説は

 

「100世帯あれば、うち1%は、当月車を購入する」

 

となります。

 

ところで、

宮城県内における中古車販売台数は、

僕が住む宮城県全体で年間8万7千台であり、

240万人が暮らす宮城の世帯数を80万世帯としたとき

10%以上が購入したことになります。

 

同時に、

1日あたりで売れた台数は238台となり、

それは1日あたり0.03%の世帯が

中古車を購入したと置き換えられます。

 

これがデータです。

 

これを1ヶ月で換算すると、

0.99%(0.03×30日)となり、

おおよそ1%の家が、

月内に車を購入するという仮説と合致したわけです。

 

データとは、経験を裏付けするものであり、

データだけではチームの推進力は生まれません。

 

経験という肌感覚に、

本当の推進力が宿ります。

 

データとは、まさに「畳水練」です。

畳水練とは、理屈や方法を知っているだけでは、

実際の役に立たないことの喩えであり、

水泳の練習なら、実際に水に入らなくてはなりません。

 

「経験に勝るものは無い」とは、

僕の数ある座右の銘のひとつです。

 

 

僕がそうした考えに行きついた

キッカケとなった社長がいます。

 

僕にとって、その社長との出逢いは、

100万ドルの値打ちがありました。

 

その社長を中心とする図抜けたマンパワーで、

グループ年商百数十億円ですから、

まさに100万ドルの価値です。

 

その社長を、仮にY社長としておきましょう。

彼は、ダイナミックでエネルギッシュ!

大胆で緻密、そして常に挑戦者です。

 

今回は、

出逢って間もない頃に聴いたキーワードをシェアします。

 

★「鳥になれ」

 

Y社長が経営する店舗の近くに小鳥たちのために巣箱を作りたいが、

鳥が来てくれるか不安、という話しになったときに出た台詞です。

 

「鳥になれと・・・」

 

これは「経営の本質だ」とまでおっしゃいましたね。

結論を言うと、

鳥になれば、「欲しいものが分かる」ということ。

 

それは「水場」だろうと。

(水場の作り方にもこだわりがありましたがそれは割愛して)

相手の立場で考え、

相手の欲しいものを提供する。

 

確かに経営の本質ですね。

 

「石橋を、見たら、飛べ」

 

情報を70%程度は集めてから実行しようと思えば数年かかる。

20%でいいから、自分のセンスを信じて実行しろと。

 

この「見たら」というのは、

「見る必要が無い」ということではありません。

 

また、経験と実績、そしてビジネスセンスの無い人に

あてはまる訓示でもありません。

そのあたり勘違いすると大変ですね。

 

それにしても、石橋を叩くなとか、

叩くなら1回にしろとかの話しではなく、

「飛び越せ」というところがすごいです。

 

確かに、飛べば関係ないですからね。

 

「1年に1億の価値がある」

 

Y社長は言いました。

「今の自分の経験と商売センスのまま、

もし20年若ければ、たった1人でも

1年で1億円の純然たる収入を稼ぐ自信がある」と。

 

文字ではなかなか伝わらないのですが、

成功している人、エネルギーのある人と

時間空間を共にすることが、

「意識と環境を変え、新しい扉を開く最短ルート」

であることは間違いないでしょう。

 

このとき、

僕がした質問に対する答えで

ビックリしたことがありました。

 

「選択しなかった未来はありますか?」

 

という質問です。

 

誰にも、選ばなかった選択肢があるはずなのです。

ところがこの社長様は、

「面白い質問をするね~」

などと言って一生懸命考えてから、

 

「思い当たらないわ~」

 

実に、やりたいことや夢は、

すべて選択してきたということのようです。

 

人間の「器」について考えさせられた夜でした。

 

 

このときから、

数年に渡り教えをいただくチャンスに恵まれましたが、

常に叩き込まれてきたのが

「実体験重視の経営姿勢」です。

 

「起きて半畳 寝て一畳 天下取っても 二合半」

とは豊臣秀吉の言葉のようですが、

どんなに世の中が進んでも、

人間の五感六感への信頼無しには、

商売は語れないと想います。

 

データ<経験

 

 

一緒にやりませんか?

両想いコンセプトビジネス倶楽部(RCBC)

https://www.kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

img_0013-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

 

松尾公輝