「微積の法則」を使えば、誰でも確実に販促効果が出せます(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

https___www-pakutaso-com_assets_c_2015_06_tsj85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
カテゴリー: 販促ノウハウ

 

 

昔、「釣りキチ三平」というマンガで読んだのですが、

 

「釣り人短気論」

 

というのがあります。

 

 
釣り人は「短気が方が釣果が上がる」という意味ですね。

 

釣れないときは、

 

・場所を変え、
・エサを変え、
・針を変え、
・棚(魚がいる層)を変えと、

 

いろいろと試行錯誤するから、というのが成果の上がる根拠♪

 

これは販促も一緒だと想うのですよ。

 

いや、成果を出そうと想ったら何でもそうです。

 

「プラン・ドゥー・チェック・アクション」
「仮説・実行・検証・仕組化」

 

って言葉があるように、

手を変え品を変え実行してみることが大切ですし、

ちょっとづつ変えながら、「継続」するこが重要です。

 
注意しなくてはならないのは、

結果が出ないからといって

今までの手法を疑って止めてしまうのではなく、

ちょっとづつ改善してゆくのが正解ってことです。

 

 

数日前も、ある店舗系の顧問先様にて、

POP看板を見直そうということになりました。

 

今までは、既存箱型のスタンド看板に、

ラミネートしたPOPを何枚も貼り付けていましたが、

効果が限定的になってきたので変えようということになったのです。

 

キーワードは「絞り込み」です。

 

看板で数種類の訴求をするのではなく、

ひとつの商品に絞ってみようと。

 

で、その際、

メインキャッチを

 

「その商品を購入したお客様が実際に言ったひと言」

 

にして、その解決策として商品の紹介、

最後にプライスというスタイルにしてみようと。

 

もちろん結果は、ついて来ました。

 

あと、この店舗の戦術ラインナップの説明もしておきましょう。

 

【新規来店促進】

 

・ホームページに商品毎のランディングページを作る。
・アメブロの読者登録を加速する。
・フェイスブックのイベントページを活用する。
・フェイスブックページへの直接投稿を継続する。
・タイアップ企業を継続的に見つけ連携してゆく。
・前述の看板POPの継続的アプローチ。

 

【既存来店継続】

 

・クチコミ誘発のお土産作戦を実行する。
・お客様感謝パーティーを定期化する。
・手作り情報誌と手作り冊子で既存客フォロー。

 

こんな感じです。

 

このお店は、

既存のお客様で売上の90%以上を依存していますので、

販促の主軸を「新規ご来店にシフト」して頑張っています。

 
僕が指導させていただくポイントは、

 

「継続性と効果微積」。

 

 

少しづつ工夫しながら、
まずは継続を前提に仕組化する。

 

そして効果微積。

 

 

効果微積とは、それぞれの施策で、

ひとりでもお客様の心を掴んで行くということです。

 
効果微積については、

セミナー来場促進の例が分かりやすいので

以下、補足しますね。

 

 
あ、一番大事なのは「コンセプト」です。

何のテーマを、誰にお届けするのか?ですね(^^)

 

それが秀逸なのが一番大切として、以下、戦術。

 

 
「セミナーに20名様の来場を獲得するための効果微積」とは?

 

 
●20人来場は、20通りの手法を実施すれば達成します。
「1つの手法で1人確保」できればいいのですからね。

 

(「何言ってんのー」って想っても、
以下、じっくり読んでください(笑))

 

●メルマガで1人、
フェイスブックで1人、
フェイスブックグループ5個への告知で5人
ブログで1人、
電話で1人、
直メールで1人、
異業種交流会ふたつ参加で2人、

 

さぁ、これでもう12人です(^^)

 

●この12人に、

 
「当日誰か一緒に訊かせたい人を
連れてきてください」

 

 

って連絡します。

 

(参加特典を考えてね。
カップル割引とか特別レポートとか)

 

これで24人です。

 

やれそうですよね(笑)。

 

当日ドタキャンもあるし、
上記作戦がうまく機能しないこともあるでしょうから、
4人ほど多く見積もっておきますと当日は20人来場♪

 
【以下、キーポイント】

 

●来場促進は「リスト、オファー、クリエイティブ」です。

 

リスト=どこにどれだけ(ターゲティングも)
オファー=コンテンツと来場するメリット
クリエイティブ=レター文章は大事、それと写真

 

★主催者の「大量行動」が来場促進の確度を高めます。

 
さぁ、ここまで読んでいかがですか?

 

当たり前のことだと想いましたか?

それとも、すごいノウハウだと想いましたか?

 
後者なら素敵です。

 

「そんなの知っているよ」って人は駄目です。

 

知ったかぶりの人は行動しないですし、
誰からも応援されないからね。

 

素直が一番♪

 
そういうわけで、話を戻しますと、

「微積効果」とは、

「20人来場は、20通りの手法を実施すれば達成」

 

ってことで、

たったひとつふたつの手法のみで

20名様を達成しようとせずに、

様々な手法で少しづつ成果を上げましょう♪

 

 
そんなこと言っても、
社内だけで考えるのはシンドイという会社様は、

僕と会話のキャッチボールをしませんか?

 

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部♪

https://www.kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

 

 

あと、この動画も、オススメしておきます。

「セミナーや講演に最低でも50人が集まる確実な方法」

 

 

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

松尾公輝