「馬と娘の相性」お客様の購入リスクをゼロにする方法リスクリバーサル=(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

pak160327530i9a8703_tp_v
カテゴリー: 戦略エピソード

 

 

「ハイパワー・マーケティング」

 

という本があります。

 

日本では、金森重樹さんという人が監修した全米のベストセラー。

業界を制圧し、他社を圧倒的なパワーで凌駕する

ノウハウの著者はジェイ・エイブラハム。

 

賛否両論はあれど、

実践マーケター神田昌典氏の登場で新たなステージを

迎えたここ十数年の日本のマーケティング地図にも、

絶大な影響を与えたものだと思います。

 

本の帯にもあるのですが、

 

  • 卓越の戦略
  • アップセル/クロスセル
  • リスクリバーサル
  • ジョイントベンチャー
  • などなど。。。

 

「すべてはこの1冊から始まった」

と言っていいでしょう。

 

僕が、最も印象に残っている

エピソードのひとつというのは。。。。。

 

──────────────────────────────

 

ある農場主が幼い娘のために馬を買おうとしたところ、

町では2頭が売られていました。

 

どう見ても同じようなポニーでした。

でも値段が違います。

 

一方は500ドル、もう一方は750ドルです。

 

同じ商品の価格差が1.5倍です。

 

しかし、農場主が買ったのは後者の高い方でした。

何故でしょうか?

 

実は、答えは明白です。

750ドルの馬は以下のようにして販売されていたのです。

 

■1ヶ月間のお試し期間あり。

■1ヶ月分の干し草付。もちろんあなたの家まで運びます。

■お試し期間は週に一度、講師を派遣して世話の仕方を教えます。

■期間が終わったら、ポニーを引き取り馬小屋を掃除して帰ったら

いいか、それとも代金の750ドルを払ってもらえるかを、改めてお訊ねします。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

 

・・・ということですね。

 

本当に答えは明白です。

これを「リスクリバーサル」と言います。

 

お客様の「購入障壁を取り除く」戦術なのです。

 

この話にはホスピタリティーもあり、

購入にあたってのリスクは限りなくゼロにしています。

 

例えば、あなたのご商売では、

お客様が抱く経済的、心理的、感情的な障壁を、

どのように取り除いているでしょうか?

 

 

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8952

 

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部で、

一緒に考え、現場で実現していきましょう(^-^)

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部=RCBC

 

 

 

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

松尾公輝