「大切なのは、いつでも、目の前の人。」(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

%ef%bd%81%ef%bd%89
カテゴリー: おもてなしマーケティング

 

 

震災のとき、

 

困っている人を助けるために、

ボランティアに行った社長の会社がいくつか潰れたようです。

 

 

確かに困っている人を見て見ぬ振りはできません。

 

でも、目の前にだって、

 

その社長を必要としている

スタッフや家族が居たはずです。

 

一概に言える問題ではありませんが、

僕の立場は、

 

「大切なのは、いつでも、目の前の人。」

 

です。

 

まだ見ぬお客様に想いを寄せることも大切ですが、

今、目の前にいるお客様をないがしろにしていいはずもありません。

 

ひとりのお客様に、

常連さんになってもらうというのは、

 

たぶん、そういうことではないでしょうか?

 

そうすれば、

社長が想いを寄せている「まだ見ぬお客様」は、

 

今、大切にされている「目の前のお客様」が、

連れてきてくれるはずですよね。

 

綺麗事でしょうか(^-^)?

 

seminars_photo03

 

目の前の人の笑顔を創るために

一緒にやりませんか?

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部です。
https://www.kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

みんなが健やかに暮らせますように(^-^)

 

 

まつお(^-^)

 

 

10805829_860863833964784_5584144077065604944_n