「生活費、夢の大きさ、自分らしさ」(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

akane072122928_tp_v
カテゴリー: 両想いコンセプトビジネス倶楽部

 

――――――――――――――――――――――――
理想的な「月間売上」を「構成内容」と共に精査する
――――――――――――――――――――――――

女性が自立して稼ぐにあたり、

欲しい金額をはじき出しておくことは大切です。

 

 

例えば今年の大晦日。

 

 

12月の売り上げがどうなっていれば嬉しいですか?

 

 

以下、具体的発想方法です。

 

 

●30万円の売上が欲しいとします。

●単価5,000円なら60人に買っていただくことになります。

●月間20日稼働なら1日あたり3人です。

●原価が30%なら粗利が21万円です。

●販売管理費(通信費や交通費や地代など経費全般)を

 30%で抑えたとすれば、

 収入は40%にあたる12万円ですね。

 

んっ?

足りないですか(笑)?

 

 

 

それでは、

売上を倍の60万円にできれば、
あなたの収入はその40%として24万円です。

 

 

年間にすれば、288万円です。
足りますかね?

 

 

例えばシングルマザーでは少々足りないでしょう。

 

ダブルインカムで旦那さんの収入があれば
充分と言えるかもしれません。

 

もちろん「節約」も大切です。

 

 

ちなみに
サラリーマンの平均年収は400万円ほどですが、
所得格差を考慮すると、
一般的には400万円以下だと想います。

 

 

もし、あなたの収入が年間600万円を超えると、
日本で働いている人の中で「トップ10%」に入ります。

 

 

もし、年収1000万円を超えると、
日本の就労人口の中で「トップ2%以内」に入ります。

 

 

ところで、

 

「何をもって足りるとか足りないとか言うのか?」

 

①生活費として図る基準

②夢の大きさで図る基準

③自分らしさで図る基準

 

 

などがありますが、
毎月、どれくらい欲しいのでしょう?

 

 

これは、定期的に考えて、
そうなるように作戦を立てることをお勧めします。

 

自分の人生は、
自分でコントロールしたいからね。

 

「選択できない人生」よりも、
「選択できる人生」に近づけたいよね♪

 

で、問題は、

 

「お客様との出会い方」です。

 

 

しっかりとした商品やサービスを提供するのは大前提。

プロフェッショナルとして実力を磨き続けるのは大前提。

 

 

 

ビジネスとは「優勝劣敗」であり、
それが真の意味での「公平」ということです。

 

お客様は、志と実績と経験があって、
お人柄のいい人から買いたいと想っています。

 

だから、
優れた者が勝ち、
準備を怠っている者が負けます。

 

 

 

当然でしょ☆彡

 

 

 

 

で、それを大前提として、
ブランディングやマーケティングがあります。

 

 

 

 

「理想の売上を考えるのは大切だけど、
 じゃ、どうやってお客様と出会ったらいいの?」

 

…という壁に突き当たると想います。

 

 

 

さぁ、どうする~(笑)?

 

 

だとしたら、以下が、お役に立てるかもしれません。

 

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部

https://www.kanpai-kanpai.com/rcbc/

 

 

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-556

みんなが健やかに暮らせますように☆

 

まつお