すいません、ほぼ日の経営。「会社が遊びより楽しい場所になればいい」読了

%ef%bc%91ogp
カテゴリー: コンセプト経営

 

 

 

 

近年上場した糸井重里さんの会社、

 

ほぼ日刊イトイ新聞「ほぼ日」では、

 

4ヶ月に一度「席替え」をするそうです。

 

 

経理の人の横にデザイナーさんがいたりと、

 

わざと混ぜるようにして席替えします。

 

 

そうすると何が生まれるかと言うと、

 

他の仕事への「尊敬」が生まれるそうです。

 

 

分かるような気がします。

 

 

その発展形が「マルチタスク」ですが、

 

特に中小企業において、

 

資格が要るなどの仕事以外は、

 

横断して仕事ができる人が多い方がいい。

 

 

そこは目指すべきひとつの頂だと想っています。

 

 

ちなみに糸井さんは、

 

「会社が遊びより楽しい場所になればいい」

 

と言っています。

 

 

41uqghmr-1l-_sx338_bo1204203200_

 

 

理想のように聞こえる節もありますが、

 

理想無くして、行動もありませんよね。

 

 

僕は「販売促進」や「PR」こそが、

 

仕事を楽しくする最高のツールだと考えています。

 

 

だからセールスプロモーションを

 

アドバイスする仕事をしています。

 

 

マーケティングは、

 

一番面白い遊び道具です。

 

 

この楽しさを伝えたいんです。

 

 

 

ところで、

 

「ほぼ日」の糸井さんが言っていました。

 

 

今は、

 

「あなたは何もしなくてもいいという商品」

 

が売れる時代であると。

 

 

しかし、ほぼ日の看板商品である

 

「ほぼ日手帳」は、

 

買ってから買った人が

 

使いながら完成させていく未完成品であり、

 

あなた無しでは価値が無く永遠に完成しない。

 

 

つまり、

 

「あなたがしなくてはならない」

 

という商品であると。

 

 

 

これを聞いた時、

 

僕も想いました。

 

コンサルも一緒だなと(^^)

 

 

コンサルに任せて何もしないのでは、

 

まったく成果も上がらないし意味もない。

 

 

「あなたがしなくてはならない」

 

 

ことが山ほどあり、

 

コンサルはその「ガイド」なのだと。

 

 

 

 

8期生の募集始めます(^^)

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/paviri8

 

 

 

パワービジネス・リセット大学は、

 

卒業生たちにとって「生態系」となっています。

 

先日も、

 

何人かの卒業生たち「専門家」によって、

 

お店が1軒、立ち上がりました。

 

また、

 

定期的に「共同イベント」を開催しているチームもあります。

 

ひとりとか、1社とかでPRするより、

 

パワーが出ますよね。

 

学長としては嬉しい限りです。

 

 

それらの話題はまた別の講釈で~。

 

 

 

 

dsc_1126

 

 

まずは、

このページから感じてもらえたら嬉しいです。

https://peraichi.com/landing_pages/view/paviri8

 

 

 

 

 

あなたのエポックメイキングになりますように!

 

 

 

 

株式会社 乾杯・KANPAI代表取締役

 

仙台駅前自習室WESTオーナー

 

両想いコンセプトビジネス倶楽部主宰

 

パワービジネス・リセット大学学長

 

 

松尾公輝

 

47580079_904536376411856_6727658758391988224_n