「跡継ぎの話し相手になってくれ」(仙台コンサルタント販促アドバイザー松尾公輝)

18236490_1358365360893921_334128542_o
カテゴリー: コンサルテーション

 

 

誰もが、

誰かの間に入って

心を砕いています。

 

――――――――――

 

 

 

社長から

「息子の話し相手になってくれ」

と言われます。

 

息子である専務から

「社長の話し相手になって欲しい」

と言われます。

 

3_14

 

 

僕は昔から自分を、

「サンドイッチマン」

だと言っていました。

 

広告会社にいたときも、

コンサルになってからも、

 

何かの間に挟まるのが仕事で、

挟まりながら解決に導くのが得意です(笑)

 

・会社や商品とマーケット。

・経営者と社員。

・上司と部下。

・親と子。

 

特に親子って簡単ではないですよね。

 

双方、

仲が悪いケースもあれば、

仲が良いケースもあります。

 

いずれにしろ、

直接話せない間柄でも無いのですが、

間に挟まる人がいた方がいいようなんです。

 

そりゃそーだと想います。

 

生きてきた時代が違うし、

生きている時代も違いますから。

 

それ以前に、課題や問題は、

通常、当事者間では解決不能ですから。

 

 

弁護士さんやコンサルに限らず、

誰もが、誰かの間に入って

心を砕いています。

 

でも、

必要とされるって

素敵なことです。

 

 

rc_photo08_v2

 

 

まつお